エステ体験キャンペーン最新情報

エンダモロジーの効果は?痛いって本当?注意点も解説

エンダモロジーってそもそも何?

エンダモロジーは、近年日本のエステティックサロンでも注目されるようになった美容マシンですが、開発されたのは意外に古く、1970年代のフランスです。

元々はリハビリの痛みを軽減させたり、傷跡を目立たなくさせたりするためのマシンだったそうですが、そこでセルライトにも効果が認められたため、美容の新たな可能性が生まれました。

話題になった理由は、アメリカのFDA(食品医薬局)からお墨付きが出たことによります。

FDAは非常に審査が厳しくなかなか承認を出さない国家機関なのですが、エンダモロジーに関しては、ボディトリートメントの美容機器として初めてセルライトや局部脂肪に「効果アリ」という認可が下りたことで、世界的に一気に注目されるようになりました。

新しかったのは、皮膚の上から皮下脂肪にダイレクトに働きかけるだけでなく、内臓脂肪にまで間接的に影響を与えることが認められたことです。

体内の余計な脂肪や老廃物、肥満の原因物質を追い出し、排泄しやすくさせることで痩身効果を生み、しかもリバウンドしにくいことが大きな魅力とされています。

体内の巡りが良くなるので、冷えやむくみに効果が高い他、便秘改善や肌のハリアップにも期待出来るというマルチなマシン。

これからも開発が続けられ、どんどん進化しそうなマシンです。

エンダモロジーの効果

エンダモロジーには、硬くなった脂肪を肌の上から揉んでほぐして柔らかくする効果があり、その結果血行やリンパの流れが促進され、溜まった老廃物がスムーズに排出されるよう促進される効果があります。

もみほぐされた脂肪は燃やされやすくなり、代謝を上げたりセルライトを除去したりする効果が認められ、たるみの引き締めやサイズダウンに大きく期待出来ます。

また、代謝が上がるということは、体内のエネルギー効率が良くなることでもあるので、慢性的な疲労が回復したり、ストレスが解消したり、肌の弾力がアップしたりする効果も期待できます。

このことから最近では痩身だけでなくフェイシャルにも導入され、小顔エステや注入しない美肌術としても売り出されています。

エンダモロジーは痛いって本当?

エンダモロジーは、皮膚を吸引して持ち上げ、ローラーでマッサージしてもみほぐすという、三次元のストレッチを行います。

これを同時に行うのは、さすがに人の手では無理。

この動きはエンダモロジーを開発したLPG社が特許を取得している技術です。

動きを聞いただけでもなんとなく痛みがあるように思いますが、まだ慣れていない方やセルライトが多い部位では、痛みを感じる人も少なくありません。

しかしながらその辺は出力レベルの問題でもあるので調整してもらう事によって対処することができます。

出力レベルを調整すれば、あまり痛みを感じ過ぎないようにも出来ますが、より効果を求めたい方はある程度はにも我慢が必要でしょう。

また、慣れて来てセルライトが減ると、痛みも減ることが分かっています。

施術は、エンダモロジー専用スーツを着て、その上からマシンヘッドを当てるのが基本。筋肉を動かしてストレッチし、セルライトを揉みほぐします。

エンダモロジーの注意点

エンダモロジーを受けると、かなり血行が促進されるので、その部位にかゆみや赤味が出る人もいるようです。

強すぎるとうっ血したり炎症が出る可能性もありますので、皮膚に疾患がある人は事前にカウンセリングで相談が必要です。

極度の乾燥肌の人にも合わない可能性があります。

エンダモロジーは、受けてすぐに効果が出ると言うより、継続して数ヶ月間施術を行うことで思うような成果が出る施術です。

通うのは、1週間に1回として3ヶ月以上は最低でもかかると思ったほうが良いでしょう。

15回から20回施術を続けると、見た目もかなりホッソリして、セルライトが減って来たなということがわかります。
ただし、暴飲暴食を控えるなど、ホームケアは必須です。