エステ体験キャンペーン最新情報

エステの施術中の服装は?痩身やフェイシャルはどんな格好で受けるの?

エステサロンで施術を受ける時に気になるのが、施術を受ける時の格好です。
エステってどんな格好で受けるの?と不安に思っている女性が多いのは事実。

まさか全裸ではないとは思いつつも、かなりドキドキな人のために、施術中の格好についてまとめておきましょう。

もちろん、サロンによって違いますし、コースの内容によっても異なるので一概に言えませんが、エステサロン側も、出来るだけ利用者が恥ずかしくないよう気を遣ってくれていますので、そこまで不安になる必要はありません。


サロンについてからの格好

初めての時の無料カウンセリングでは、特に着替えなどをすることはないことが多いです。

普段の服装で普通に説明を受けるだけなのが一般的ですが、エステサロンやコースによってはその場で何か計測したりチェックしたりする場合もあるので、その場合は着替える必要があります。

施術を受ける日は、一般的には、まず受付が終わった後でロッカールームに案内され、そこで施術室に行くまでの移動用に着るためのサロンのバスローブやガウンなどを羽織ります。

ちょうどお風呂上がりみたいな格好ですが、そのまま施術をする部屋に行き、その日受ける施術に合わせて、必要があれば着替えます。

かなり露出が必要な施術であっても、サロン側から使い捨ての紙パンツや紙ブラジャーなどが渡されるのが一般的なので、少なくとも日本のエステサロンでは、何もつけずに全裸状態になるということはないでしょう。

フェイシャルコースの場合

フェイシャルは、施術する箇所が顔とデコルテが中心なので、着替えは上半身だけという場合も多いです。

コースによっては背中をケアするメニューが入っていたり、足先や指先などのケアが入っていたりしますし、フェイシャルであっても全身をヒートマットで温めるという方針のサロンもあるので、その場合にはやはり全身着替えます。

大体はガウン、キャミソール、紙ブラ、ショーツなどが渡されることが多いでしょう。

痩身コースの場合

痩身コースでは露出が多いので、使い捨ての紙パンツや紙ブラジャーに着替えることが多いでしょう。

紙パンツにバスタオルだけという場合もあります。

施術をする箇所だけタオルをめくって露出させるという方式が一般的で、すべて露出状態にはならないよう気を遣われています。

お尻の部分を施術するならお尻だけ、胸などを施術するなら胸だけを露出するのが一般的。

脱毛コースの場合

脱毛は、脱毛部位によっては着替えはせずに部位だけ露出させる場合もありますし、紙の下着にサロンのガウンまたはタオルという状態で行う場合もあります。

脱毛する部位はジェルを塗ってマシンを照射させる必要がありますが、その他はタオルなどで隠しながら行うのが一般的

VIO脱毛の場合ですとVラインは、下着を全部脱ぐサロン、紙パンツを履いた状態で、施術部位ごとにずらすサロン、専用のTバックを使うサロンなどさまざまです。

気になる場合は事前に確認が必要です。

あまり格好に囚われる必要なし

最初は誰でも不安に思うと思いますが、施術を受ける以上、フェイシャル以外はエステティシャンに裸に近い格好を見られる事からは逃れられません。

それがどうしても嫌でエステには行けないという人もいるかと思いますが、エステ側もそうした心理には十分配慮していますし、なるべく気にならないよう気を遣ってくれます。

そもそもエステサロンに通っている女性はみんな同じ格好で施術を受けているわけですし、相手はプロですから、気にする必要はなし。

緊張するのも最初だけで、すぐに慣れてリラックス出来るようになりますので、あまり細かいことは気にせず、安心してプロに任せてしまうのがベストです。